リンク集

2007年10月26日

お坊ちゃまのおもちゃ

サンダーボーイ.jpg確か、イマイにはサンダーボーイという大型のロボットキットがありました。
ラジコンを使い、走行だけではなく腕を回しピッチングマシーンのように砲弾(?)を飛ばしたり、頭部が開いてロケットを発射するといった複雑な芸当をこなせる超絶ものだったのを記憶しています。

でも、値段も凄くて、当時貧乏だった一般家庭の子供は、ミニサンダーボーイで我慢していました。

そうそう、当時のアメリカTVドラマの中でリッチなお坊ちゃま向けのプレゼントとしてよく登場していました。
「・・・やっぱり、金持ちのアメリカ人しか買えないんだねー・・・」なんて友達と納得したものです。


後で知ったのですが、サンダーボーイはイマイのオリジナルではなく、アメリカの玩具メーカーが元だったようです。

posted by amamemodeler at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出のプラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

キャラクタープラモ満開

三大マンガ月刊誌(少年、少年画報、冒険王、)、そして三大週刊マンガ(サンデー、マガジン、キング)の時代。
つまり1960年代、鉄人28号、アトム、おそ松くん、オバQ、何でもかんでもマンガのキャラクターはプラモデルになってしまいました。
そのキャラクタープラモデルを独走状態で引っ張っていのは、「今井科学」です。
イマイ(後の商標に合わせて)のプラモデルは、まさに我々少年を虜にしていたといって過言はありません。
特にモーターと電池で動く仕掛けの見事さは、日本の伝統、絡繰り人形の技術が生かされていたとしか言いようがありません。(勿論モーターは「マブチ」です。)
posted by amamemodeler at 23:00| Comment(0) | TrackBack(5) | 思い出のプラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

プラモデル セカンドコンタクト

母の妹が豊川に住んでいて、子供がいなかったこともあり、東京に遊びに来るたびに僕たち兄弟にいろいろな物を買ってくれました。
その叔母さんも大らかな性格で、地元土産など喜ばないだろうと、東京駅に着いてから、近所の店でお土産を買ってくれました。
このとき買ってももらって暫く僕の宝物にいなっていたのが、「東京プラモ」のスターリン戦車です。勿論、リモコンで走らせる豪華版です。しかも、箱の内側が戦場の絵になっていて、箱が今で言うジオラマのベースになる仕掛けもあった優れものでした。
ファーストコンタクト以降、プラモデルは駄菓子屋で売っているおもちゃ然としたものしか作っていませんでした。
だから、このスターリンの完成度と迫力は、プラモデル好きへの第二の門をくぐった時になりました。
そのときのインパクトが忘れられず、タミヤの1/35戦車シリーズの初版スターリンも見つけたときすぐに買ったことを記憶しています。
posted by amamemodeler at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出のプラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

タミヤ 1/6バイク BMWR75

TAMIYA BMWR75.JPG

長年待っていた。タミヤの再販ものです。2個買って1個は保存用にしてもいいですね。
タグ:オートバイ
posted by amamemodeler at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。