リンク集

2007年11月15日

プラモの プラモの「マルサン」

マルサンゴジラ.JPG1960年代半ばから、キャラ物に怒濤のような攻勢をかけてきたのが、当時のプラモデルの王様ともいえる「マルサン」です。
1964年、それまで海外プラモデルのライセンスものの飛行機を中心にスケールモデル専門だったマルサンが、なんと怪獣の中の怪獣、「ゴジラ」を世に放ったのです。
当時東宝映画『三大怪獣 地球最大の決戦』の映画パンフレットの裏表紙に載った広告は、怪獣少年にとったもの凄いインパクトを与え、大ベストセラーになったそうです。確か、発売すぐには手に入りづらかったような記憶があります。歴史に残る箱絵は、最も重量感があるとして人気の高い「キングコング対ゴジラ」のときのスチールを使っています。中身のゴジラもその特徴的なトカゲ顔の憎いやつです。
成型色が茶、紺、灰と3色あったようです。こちらも電動歩行します。そういえば同じ電動歩行ものの魁となったイマイの鉄人28号も、発売当初ブルーバージョンと茶色バージョンがあったように覚えています。ゴジラは微妙な色なので解釈も様々かと思いますが、鉄人はブルーですね。
タイムリーなことにTBSテレビで『ウルトラQ』シリーズが始まり、そこから次々と怪獣物をリリース、電動リモコンから、前後を張り合わせるだけの超ミニサイズまで、とにかく私のお小遣いは一気に底をつく有様。
やがてマルサンは、海外ものにも進出し、何とイタリアのパペットのネズミ“トッポジージョ”までプラモデル化、キャラ物のマルサンに姿を変え、その後訪れるスケールプラモへは回帰できなかったようです。
(画像は、オリジナルではありません)
posted by amamemodeler at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出のプラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

今井のギミック極まる

やがて、イマイはサンダーバードというドル箱をゲットし、キャラクタープラモデルは完成の息に達しました。
それより少し前から、小沢さとるの名作「サブマリン707」それに続く「青の6号」といったマンガキャラクターの中でもメカ物に力を入れていました。
マニアックな水中兵器はギミックを凝らし、子供のオモチャの域を完全に超えたすばらしい完成度(でティールではなく)に達しました。
私も、ジェミニ号のハイクラス版(C)を大枚はたき購入、ゴムパッキンを使った完全防水機能に大満足。記憶に残る正に逸品でしたね。

posted by amamemodeler at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出のプラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。